カテゴリ:同居生活( 3 )

空は晴れても

暖かい日が続いていましたが、週末から急に寒くなりました。

金曜日の朝はうっすらと白く

c0320302_13150374.jpg
c0320302_13144666.jpg
土曜の朝に少しまとまった雪が降りました。

c0320302_15023641.jpg
それでもいつもと比べれば全然大したことはなく、除雪機もスコップもまだ出番がありません。
いつもこの程度であれば楽でいいのにな…。

c0320302_15021772.jpg
去年小樽のガラス屋さんで買ったクリスマスツリーを雪の上に置いてみました。


10月に体調を崩して入院し、退院後はそのまま介護施設のショートステイにお世話になっていたじいちゃんが、金曜日に一時帰宅しました。入院前と比べると体調は良くなりましたが、体の動きが悪くなり認知症も進行し、たった二晩のお世話でしたがとても気が張りました。じいちゃんは家に帰ってこれたことをとても喜んで、わたしの介護も素直に受け入れてくれました。
         
          ********************************

本日じいちゃんを次のショートステイの施設に送ってきました。
本当のことを言えば嫌がることはわかっていたので嘘をついて連れて行きました。
静かなお部屋にじいちゃんを一人置いてくる時、じいちゃんが「こんなところに置いていかれれば寂しくて泣いちゃう。」と言いました。

c0320302_15011098.jpg
c0320302_15005510.jpg
今日は朝から快晴で、山がとてもきれいに見えました。

じいちゃんを施設に送ったら、久しぶりに夫とどこかに出かけようかと思っていましたが、とてもそんな気分にはなれずまっすぐ家に帰ってきてしまいました。(金曜日が結婚記念日だったのですが、じいちゃんのことでいっぱいで何もできなかったので…。)

施設でお世話をしてもらえるので安心なのですが、じいちゃんの言葉や寂しそうな顔が引っかかって心が晴れません。


by kayocha1218 | 2015-12-20 22:22 | 同居生活

雨の日に起きたこと。

朝から雨で庭仕事ができないので、一日ごろごろ本でも読んでいようかと思ってましたが、夫が「雨の日には家の中で出来ることがある!」と張り切って窓ふきなんか始めたので、わたしもごろごろしていられなくなりました。
父の日なんだから一緒にごろごろしてればいいのに…と思いましたが仕方がない。
「それではわたしも」と、冷蔵庫の中を整理したり台所の床磨きをし、気持ち良くなったところでふと床下収納が気になりました。
「たしか、何も入っていないはず。」と蓋を開けてのぞいてビックリ仰天!
スーパーの袋が3つ。中には得体の知れない真黒なものが入っていて、茶色の水が出ています。不思議と臭いはなかったのですが、素早く蓋を閉めて後は夫に任せることに…

その正体は…
おととしの秋に収穫した里芋でした。(去年じゃない、おととしですよ!)
デイサービスから帰ってきたばあちゃんが覚えていました。
「穴倉に入れておけば長持ちすると人から聞いたのでしまっておいた。」のだそうです。
大事にしまって食べるのを忘れてしまったんですね(T_T)
そういえば一昨年里芋を作っていたけど食べた覚えがないわ~。人にあげたのかと思っていたけど、こんなところにあったとは (+o+)
ものは考えようで、今日お掃除をしたから泥みたいになった里芋を見つけて処分できて良かったわ!
そして、ばあちゃんが里芋をしまったことを思い出せたことに、ちょっとびっくりしました。

c0320302_20213871.jpg
午後、雨上がりの庭で「うら」がグルーミング。
上手に座って足の先まで綺麗にしています。
せっかく綺麗にしたのだから、今日は畑に行かないでよ!

毎度同じ様な写真ばかりですが、ちょっと変化があると撮っておきたくなる。

c0320302_20215270.jpg
山アジサイ「紅」はだんだん名前のとおりになってきました。
木も花も小さくて可愛い♡

c0320302_20220647.jpg
「ピース」はふんわり優しくて、里芋事件も忘れさせてくれる???





by kayocha1218 | 2015-06-21 21:50 | 同居生活 | Comments(5)

お茶を飲みましょう!

暮れから買おうかどうしようか迷っていた「お茶プレッソ」をついに購入しました。

我が家のじいちゃんばあちゃんはお茶好きで、元気な時にはお茶っ葉を何度も替えてはお茶を楽しんでいたのですが、ばあちゃんの認知症が進んできて、料理はもとより最近はお茶も淹れられなくなってきました。(お茶の淹れ方を忘れたのか、ズクがなくなったのかはよくわかりません。)
ばあちゃんができないのであれば、じいちゃんが淹れればよいと思うんですけどね…。

そこで、先日夫が粉のお茶を買ってきたところ喜んで飲んでいるので、「それなら…。」ということで購入に至った訳です。
いただき物や葬儀のお返しのお茶が山ほどありますしね。

c0320302_22442545.jpg
さっそく使ってみたところ、とても細かくお茶が引けておいしいお茶ができました (^_-)-☆
作法に則った煎茶の美味しさはありませんが、お茶の栄養をまるごと摂れるのがうれしい!

これでじいちゃんばあちゃんにもどんどんお茶を飲んでもらおうと思います。
もちろん機械操作は無理なので、粉にして渡してあげるんですけどね。



by kayocha1218 | 2015-01-28 22:38 | 同居生活 | Comments(4)